乳首開発を希望する私に興味を持った男性とLINEを交換

 オナ電用の掲示板に投稿すると、反応が出てきます。
ドキドキしながらメールを開封です。
メールをくれた中から選び出したのが、ワクワクメールの中でやりとりをした25歳の人。
利樹さんのメールは、一番紳士的に感じました。
エロいことを言うこともなく、乳首開発を希望する私に興味があって連絡をくれたようです。
プロフに乳首開発のことを書いておいたのですが、それも見てくれたようでした。
「そんなに、乳首が敏感なの?」
「凄く感じるんだけど、絶頂はまだなんです」
「サイズはどのくらい?」
「Eカップです」
「とても大きなサイズだね。たっぷりと刺激をしてあげたくなる」
こうした数回のやりとりの後、LINEで話をすることになりました。

 

 全く面識のない方とお話をするのって、最初は緊張ものです。
でも凄く落ち着いた態度で、普通の会話から入ってくれて助かりました。
ちょっとずつエッチなこと言われて、私もその気になってしまいます。
「香奈実の乳首、コリコリになってる?」
「うん、エッチなこと言われたから…立ち上がってます・・・」
「ブラを外して、乳首を刺激してみて」
「はい…あ…はぁ・・」
「香奈実のアヘ声、凄くエロい」
面識のない人に、エッチの時の声を聞かれてしまう。
オナ指示も出してもらっちゃって、素直に従っていきます。
パンツの上から、オマンコを触って行くと、あっという間に汁が溢れ出す状態でした。
男の人の声を聞きながら、夢中でオナニーに励んでしまいました。
乳首もクリも膣も、触りまくってしまっている状態。
利樹さんも、興奮しているのか鼻息が荒くなっているのを感じます。
「香奈実のせいで、チンチンがビンビンになってるんだよ」
「凄くエッチですね・・」
「見てみるかい?」
「・・は・い・・」
いきなりテレビ電話で、相手の方の肉棒がスマホの画面いっぱいに。
私の淫靡なハートは火の粉を散らしていました。

定番サイト登録無料

乳首を舐めるのが好きなセフレを探すならココ!!

page top