乳首イキのアクメを感じる事が出来たのはセフレのおかげ

 それは、自宅にいるときのことだったんです。
スケジュールの都合で、セフレと待ち合わせができなかったため、利樹さんとテレフォンセックスを楽しんでいた時のことです。
その日はいつもよりも、ずっと体が敏感だったように思います。
オナ指示をされて、乳首を弄り続けていた時のこと。
私自然にアクメを感じてしまっていたようです。
あまりにも気持ちよくて記憶がないのですが、言われてしまったんです。
「今、乳首で逝ったよね」って。
「本当に?」
「うん、乳首弄りしてて、香奈実が逝くぅって」
絶頂だったため、それに気がつかなかったのでした。
実際のセックスではなく、オナニーの最中に乳首イキしてしまいました!

 

 後日待ち合わせして、ラブホテルでセックスしたのですが、やはり乳首でアクメを感じてしまったのです。
「やったね、乳首開発大成功じゃないか」って、利樹さんに言われちゃって、私とっても嬉しくなってしまいました。
セフレの方も同様だったのか、その日いつも以上に激しいセックスを私に楽しませてくれたのです。

 

 遊矢さんとのセックスでも同様でした。
私、ちゃんと乳首が開発されたんです!
試しに1人オナニーのときに、乳首を重点的に責めたところ、やはりアクメを感じられました。
やっと、私の全身が開発された!そんな思いで満たされてしまっていました。

 

 ハッピーメールやワクワクメールを教えてくれた、バイト仲間の友梨さんに、感謝の言葉を送ってしまいました。
「そうなんだ、良いエッチができるようになったんだね!おめでとう」
「友梨さんに教えてもらったからですよ!出会い系サイトと攻略方法!あれ完璧でした」
バイト帰りの食事の時に、お喋りに鼻が咲いたのは言うまでもないでしょう。
何だか明るい未来が開けたような、そんな気持ちを持てるようになっています。
だから毎日が楽しくなっているって感じです!

定番サイト登録無料

乳首を舐めるのが好きなセフレを探すならココ!!

page top